スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rmagick インストール

file_columnプラグインを使うためRmagickをインストールする。

前準備として事前にImageMagickをインストールしておく。
ImageMagickのインストール

gemを使ってインストールするため後は簡単で、
$ gem install rmagick

とするだけ。

Rails3の場合、Bundlerを使う。まずはGemfileに以下の1行を追加。
gem 'rmagick', :require => 'RMagick'

その後、
$ bundle install

とする。


んー。簡単!!

とは言っても実際は、
rvmで入れたRuby1.9.2で、NetBeansからのgemインストールは結構手間取ったのも事実。。。
次回はその辺を書こうと思います。

あ、ちなみにこのRmagick。
ImageMagickとの依存関係が結構厳しいらしく、
ImageMagickのバージョンが上がっただけで使えなくなるっぽい;;
そのときは再インストール。
$ gem uninstall rmagick
$ gem install rmagick

これでいけるはず。

Apple Magic Mouse MB829J/A

新品価格
¥6,491から
(2010/10/22 21:35時点)


rvm で Ruby1.9.2 と1.8.7を共存させる

Rails3.0公式リリースがあり、Rubyを1.8.7から1.9系にバージョンをあげる決意はしたが、
以前の環境をまっさらにしてしまうのも恐かった。

そこでRubyのバージョンを複数並行して管理できるrvmを使って、
Rails3.0で推奨されている1.9.21.8.7を共存させる。

1. rvmのインストール
まず最初にrvmのインストールを行う。
gemを使ってインストールするため、なければ事前にrubygemsをインストールしておく。

rvmのインストールは以下コマンドで行う。
$ sudo gem install rvm
$ rvm-install

コマンド実行後にメッセージがあるが、以下をshellの設定ファイル(.bashrc等)に追加する。
if [[ -s $HOME/.rvm/scripts/rvm ]] ; then source $HOME/.rvm/scripts/rvm ; fi

これでshell起動時に環境変数を設定してくれるらしい。
シェルを再起動するとrvmコマンドが使えるようになる。


2. rvmを使ってRuby1.9.2をインストール
1.9.2のインストールなので、以下のコマンドを実行。
$ rvm install 1.9.2

インストール終了後、
$ rvm list

と実行して、
rvm rubies

=> ruby-1.9.2-p0 [ x86_64 ]

1.9.2-p0が確認できればインストール成功。


3. 環境設定
とりあえずRails3.0に切り替えて、それと同時にRuby1.9.2を使っていこうと思うので、
1.9.2をデフォルトの設定にする。
$ rvm use 1.9.2 --default

これで、シェルを立ち上げなおしても1.9.2が選択される。
実際に確認してみる。シェルを再起動して、Rubyのバージョンを確認。
$ ruby -v
ruby 1.9.2p0 (2010-08-18 revision 29036) [x86_64-darwin10.4.0]

きちんと選択されている。ちなみにgemも切り替わっている。
$ which gem
/Users/yas/.rvm/rubies/ruby-1.9.2-p0/bin/gem

もともと使っていたシステムのRuby1.8.7にしたい場合、以下を実行。
$ rvm system

$ ruby -v
ruby 1.8.7 (2009-06-12 patchlevel 174) [universal-darwin10.0]

$ which gem
/usr/bin/gem

以上のように切り替わっているのが確認できる。

これで共存はできているので、
あとは1.9.2のgemにrails3.0やらをインストールして開発環境を整える。

プログラミングRuby 1.9 -言語編-

新品価格
¥3,990から
(2010/10/20 23:05時点)


ImageMagick インストール (※ Macports経由)

ImageMagickのインストール方法について書きます。

ImageMagickとは画像処理を行うためのライブラリです。
必要になった経緯と、Macportsのインストール方法はコチラ

事前にMacportsがインストールされていれば、ImageMagickのインストールは簡単です。

1. ImageMagickのインストール
$ sudo port install ImageMagick

これだけです。いやー、簡単ですね!
ただ、様々な関連一式がくっついてくるため結構な時間がかかります。
気長に待ちましょう。

インストールが完了したら、
念のため、下記コマンドでMacportsでインストールされている一覧を確認しておきます。
$ port installed

一覧にImageMagickがあればインストール成功です。

ImageMagick逆引きコマンドリファレンス

新品価格
¥3,780から
(2010/10/17 21:12時点)


Macports インストール

画像をアップロードするためfile_columnというプラグインを使う必要が出てきたため、
そのための必須ライブラリであるImageMagickする必要がありました。
Macの場合Macports経由でのインストールが良さそうです。

このため今回は、Macportsのインストール方法を紹介します。

手順については以下を参考にしました。
Macportsインストール手順


1. 前準備としてXcode Tools をインストール
まず最初にインストールの準備としてXcode Toolsをインストールします。
Mac本体に付属のディスクかApple Developerサイトからダウンロードできます。


2. Macports をインストール
私の場合、OSがSnow Leopardなので、以下のファイルをダウンロードし、実行します。
Macports .dmgファイル
ダウンロード後実行して、指示に従ってインストールを完了します。


3. 環境変数の設定
今の状態では/opt/localにパスが通っていないため、portコマンドが実行できません。
このため環境変数の設定を行います。
ホームディレクトリの .bashrcに以下を追加します。
export PATH=$HOME/macports/bin:$HOME/macports/sbin:$PATH
export MANPATH=$HOME/macports/share/man:$MANPATH


4. Macportsをアップデートする
最後に、アップデートのため以下のコマンドを実行します。
$ sudo port selfupdate

詳細を出力させたい場合は、
$ sudo port -d selfupdate

portコマンドが実行され、アップデートできれば完了です。


Macportsの使い方、ImageMagickのインストールについては、
またの機会にご紹介できればと思います!

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

新品価格
¥1,890から
(2010/10/17 21:20時点)


検索フォーム
プロフィール

yas

Author:yas
yasと申します。
RailsにてWebアプリケーション開発をしております。

【開発環境】
OS: Mac OSX 10.6
Ruby: 1.9
Rails: 3.0
IDE: NetBeans6.9

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。