スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NetBeans 7.0 でも Ruby on Rails を使う方法

前々からアナウンスされていたので知ってはいたのだが、
最近リリースされたNetBeans 7.0ではRailsが標準で非対応になってしまった。
しかも、サイトを見てみるとRubyのダウンロードバンドル自体がばっさり非対応となってしまった模様。

覚悟はしていたが、実際この日がくると辛いものがあるね。
RailsIDEの中では無料で使い勝手も良く、プラグインも豊富だったので、この先何を使っていけばいいのやら。。。

っと、悲しみにくれていたら・・・解決策ありました!!

なんと、NetBeans用のRuby on Railsプラグインを維持しようという動きがあり、それをインストールすれば7.0でも引き続きRailsが開発できるらしい!
早速試してみた!!

まずは、NetBeans IDE ダウンロードのページからNetBeans 7.0のダウンロードとインストールを行う。ダウンロードバンドルは何でもいいが、サイズも小さめで使うかもしれないってことでJavaSEにしておいた。

次にプラグインのインストールを行う。
これに関して、以前はBeta版のアップデートセンターを手動で設定する必要があったが、
現時点ではプラグインポータルから提供されているため、以上の手順は必要ない。
以下が詳細手順である。

1.メニューから[ツール]→[プラグイン]を選択
2.[使用可能なプラグイン]タブを選択
3.[カタログを再読み込み]ボタンをクリック
4.[Ruby and Rails]をチェック
5.[インストール]ボタンをクリック
6.[次へ]ボタンをクリック
7.[すべてのライセンス契約条件に同意する]をチェック
8.[インストール]ボタンをクリック

ここまででRailsのプロジェクトが開ける状態になっている。
後は環境に合わせてセットアップ作業を行うだけだが、
自分の場合はRubyプラットフォームの設定を行った。

9.メニューから[ツール]→[Rubyプラットフォーム]を選択
10.プラットフォームを自動検出
11.使用するRubyプラットフォームを設定

この時gemのパスが正しく設定されないかもしれないので、過去記事を参照。


これでNetBeans 7.0でも引き続きRailsの開発ができる!!
ちょこっといじってみた感じ、特に問題はなさそう。
プラグインを提供してくれている関係者の皆様に心から感謝します。本当にありがとうございます!!



スポンサーサイト
検索フォーム
プロフィール

yas

Author:yas
yasと申します。
RailsにてWebアプリケーション開発をしております。

【開発環境】
OS: Mac OSX 10.6
Ruby: 1.9
Rails: 3.0
IDE: NetBeans6.9

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。